メリット・デメリット

インプラントのメリット・デメリット

歯が失われてしまった場合には、いくつかの治療方法があります。ここでは代表的な3つの治療方法、入れ歯(義歯)・ブリッジ・インプラントのそれぞれのメリット・デメリットをまとめました。

当院では周囲の歯への影響や、回復できる機能性・審美性から、インプラントをおすすめしておりますが、どなたにでも合うというものではありません。 しっかりと各治療のメリットとデメリットを比較した上で、ご自身に合った治療をお選びください。

入れ歯について

入れ歯について
入れ歯のメリット
手術をする必要がない
高齢者の方は特に歯を失ってしまうことが多いものですが、手術を伴う治療は、全身の健康との関係もあり、高齢になればなるほど受けられない場合も出てきます。入れ歯は手術が必要ないので、どなたでも受けられます。
入れ歯のデメリット
違和感が生じやすい
入れ歯は部分入れ歯の場合健康な両隣の歯にツメをひっかけて固定し、総入れ歯の場合は義歯床と呼ばれる歯茎にみたてたものを粘膜にくっつけて入れ歯を固定します。そのため、口の中に異物が入っているような感じがあり、慣れるまで時間がかかってしまいます。

ブリッジについて

ブリッジについて
ブリッジのメリット
見た目が自然な仕上がりになる
人工の歯を両隣の歯にかぶせる冠と一体で作り、両隣の歯を土台に して人工歯を支えるので、見た目が自然に仕上がります。
個人差はありますが、噛む機能は、天然歯の80%前後まで回復させることが可能です。
ブリッジのデメリット
土台となる健康な歯を削る必要がある
失った歯の両隣の歯にブリッジを架ける為、健康な歯を削って加工しなければなりません。
清掃性が悪い
ケアがしにくいので、歯周病になる可能性が高くなり、新たに歯を失う危険性が出てきてしまいます。
失った歯の数が多いと治療できない
土台となる健康な歯が残っていることが治療の条件となるので、失った歯の数が多いとブリッジ治療は行うことができません。

インプラントについて

インプラントについて
インプラントのデメリット
噛み合わせの安定を長期間保つことができる
骨に直接インプラント(人工歯根)を結合させるので、長期的な安定を保つことが可能です。インプラントはまだ歴史が45年しかありませんが、45年保っている患者さんもいらっしゃいます。
見た目が自然な仕上がりになる
骨にインプラント(人口歯根)を埋め込み、その上に新しい歯を作り被せるので、自然な見た目に仕上げることが可能です。
天然歯と同じように噛める
骨にしっかり固定させるので入れ歯のような不安定さがなく、自分の歯と同じような咀嚼(そしゃく)機能を再現することが可能です
健康な歯を犠牲にすることがない
インプラントは抜けてしまった歯の部分に直接埋め込むので、周辺の健康な歯を削ったり、負荷をかけたりせずに治療をすることが可能です。
インプラントのデメリット
治療期間が長い
顎(あご)の骨とインプラントが結合するのを待つ期間があるので、平均すると4~12ヶ月かかってしまいます。
治療費が高額
他の治療に比べると、治療費は高くなります。
※ただし一度埋めてしまえば定期的にメンテナンスさえすれば半永久的に使用可能で、入れ歯のように作り替えが必要ない分、長期的に見れば割安とも言えます。
誰でも受けられるわけではない
あごの骨や口腔内の状況、全身の健康状態によっては手術が受けられない場合もあります。
ご予約は03-3750-8374 10:00-13:00 15:00-20:00

東京都大田区、東急多摩川線「下丸子駅」徒歩1分の清水歯科医院です。インプラントや審美歯科に力を入れています。お気軽にご相談ください。